スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップ記事

TOP記事的なのを作っておこう!
ぼんやり色々なことをやっている僕です。
昔はMMORPGやFPSをやっていました。
今でも、ほんの少し、稀にやります。
メイプルストーリーとL4D2くらい。

最近はNinja250R(2012)を買って元気に走ってます。
ただ、やっぱり大型が欲しい。。
いつになるかわかりませんが、次に買うのはZX-6Rと決めているのです。

よろしくお願いいたします。

書くことが思いつかないのでゲームやPC周りの環境を。

■マウス
 Razer / Mamba

■マウスパッド
 Razer / Sphex
 パワーサポート / airpad proIII
 SteelSeries / Experience I-1

■キーボード
 Logicool / G510
 Razer / BlackWidow Ultimate 2013-JP ←New!

■サウンド
 Creative / Sound Blaster Recon3D Omega Wireless(Headset)
 SONY / MDR-XB1000(Headphone)
 harman/kardon / SoundSticks III

■PC
 OS: Windows7 HomePremium
 CPU: Intel Core 2 Quad Q6600
 メモリ: PC6400 1GB×4枚挿しで計4GB
 グラフィック: GeForce 9800GT

もはやとんでもない化石スペッコPCに成り代わりました。
XPはサポート期限の関係で見限り。
Windows8はたまにやるゲームのサポートの関係で見送り。
繋ぎとしてWin7にしちゃいました。
繋ぎなのでHomePremiumです。

といった感じです。よろしくー。
スポンサーサイト

1年以上更新していなかったのか!

いやあ、すっかり更新していませんでしたね。
まー、2013年は4月から忙しくて、あっという間に10月、ちょっと落ち着いたなと思ったら年が明け。
そんなこんなで6月になっちゃいましたね。

このブログを見ていた人も、今ではすっかり変わってしまったのかしら。
そして、このブログを始めるきっかけになった人は、すでにブログがなくなっていたので
時の流れを改めて感じる次第ですね。

REDSTONEですが、調子に乗ってW攻撃速度Lv2のバングルLXに神秘鏡のカケラをペタッとしたらぶっ壊れ
ワンチャンワンチャン!!!っつって山登りUMに神秘鏡のカケラをペタッとしたらぶっ壊れ。
辞めるかーって感じでもう何も触っていないっす。
無転生で装備も貧弱なので、どんなに健康に振ったところで、転生して金のある人には追いつけないっす。
PSO2も途中までは面白かったものの、ふとしたタイミングでつまらなくなっちゃいました。

さて、昨年の7月までクソインドア派で、週末はネトゲとアニメ。外に出るのは洗濯物を干す時にバルコニーに身を乗り出すくらい。
そんな僕だったのですが、2013年7月末に、250CCではありますがバイクを買ったのをキッカケに、週末は基本的にソロツーリングをしちゃうような感じです。
とはいっても、どこかにお出掛け、というよりは、ただバイクに乗って走っているだけなのですが。
でも、国道を往復し続けて4時間とかザラです。

バイクに乗りたいと思ったキッカケは小3の頃、車が大好きな友人と遊んでいたときに、バイクの排気音を聞いた友人が「ニンジャが帰ってきたな」と言った、まさにそれなんですよね。
そこから、ニンジャって何、みたいな話をして。

そして今では僕がNinja乗り!(250ccだけど)
あの時のニンジャが僕の手に!(そのNinjaはNinja1000だったはずだけど)

というわけで、すっかりバイクに入れ込んでいます。
とはいっても、元々機械類が苦手な僕は、何をいじるでもなく、ただ『乗っている』だけなんですけど。
いずれ自分でいじれるようになりたいですよね。
ただ、それをするためには、挑戦しなければならなくて。
挑戦した時に、ぶっ壊したら立ち直れない気がして。
どうにも踏ん切りがつかないのですよねー。

とまあ、こんな風に、前回ブログを更新した時より、色々な変化を遂げた僕ですが
また気が向いたときにブログを更新していけたらと思うのです。
週末バイクに乗るようになったので、PCにはあんまり触らず、更新をしてもバイクのことだけかもしれないけど!

ま、いっか。


では~

REDSTONE

どうも

最近、久しくやっていなかったREDSTONEをやっています。
そんな中で、ふらっと箱バンに神秘鏡のカケラをぺたっとやったら
hakoban
いやあ、この運を山登りUMの攻速50%に使いたかったなあ、と思いつつも
それで山登りUMが消滅するのもアレなので、まーいっかあ、といったところ。

で、攻撃速度があがった今、だからといって何かをするわけでもないので
宝の持ち腐れ感がヤバいです。

新聞を読んでいて

ふと、小学6年生の書いた文章があったのですよ。

ぼくのしょうらいのゆめはゲームを作ったりすることです。
理由はぼくはゲームが大好きで毎日やっているのでぼくもおもしろいゲームが作りたいと思いました。
もしぼくがゲームのかいしゃとかにはいれたらゲームのことがよくわかってゲームがこわれたら自分でなおせたりしたらいいなと思いました。

恐ろしく読みにくい。
もしこの文章を、正常に義務教育を経た6年生が書いているのであればガッカリですよね。
障がいを持つ、何らか理由で義務教育を受けていないなどであれば、
程度はあれ文章構成ができているので良いとは思うんです。

夢は漢字で書けないのか。
面白いは、会社は、入れたらは。

いっそ漢字についてはとやかく言い及びませんよ。
字数を稼ぐための手法かもしれないので。
僕が気にしているのは文法なんですよ。

ぼくのしょうらいのゆめはゲームを作ったりすることです。
⇒~たり、は意外にも正解。(意識して使ったかどうかは置いておいて)
 動作の並列を表す『○○したり、××したり』という~たり~たりを用いる場合と
 例示を表す『○○したりなどした』といった感じの~たりを用いる場合とに分けられる。
 NGなのは『友達と遊んだり、1人で本を読んだ』といった、動作の並列なのに~たり1回のパターン。

理由はぼくはゲームが大好きで毎日やっているのでぼくもおもしろいゲームが作りたいと思いました。
⇒文法的に強い違和感はないけれど、読点があればもっと良かったのだと思います。
 厳密に言えば、僕は~なので、僕も~ました。という文章なら、~の部分は同一の内容が好ましいでしょうね。
 ゲームが大好きでいつもやっているから、面白いゲームを作りたいと思う。には若干整合性が取れていないイメージ。
 もっといえば、『ぼくもおもしろいゲーム"が"作りたいと』の『が』は気になる。
 ここでの接続詞は『を』が適切なのではないでしょうか。
 といっても、『が』でも意味が通じ、その違和感を具体的に指摘できないので僕の負けっす。

もしぼくがゲームのかいしゃとかにはいれたらゲームのことがよくわかってゲームがこわれたら自分でなおせたりしたらいいなと思いました。
⇒ここでの『ゲームのかいしゃとか』はNG。
 『・・・とか・・・とか』のように、こちらも~たり~たり同様例示や並列を指す言葉。
 特に、・・・とか・・・とかの場合には、『~たり』と違って『・・・とか』単体で使われるものでないのです。
 『AとかBとかCとか・・・』か、末尾の"とか"を省略しても良いルールなので
 『AとかB・・・』でもOK。
 けれど、『Aとか』ではNG。

と、まあ嘆いてみたものですが、僕自身日常的に文章を書くときにここまで細かく気を使っているかと言うと・・・。
やはり気を使うべき場面と、特にこだわる必要のない部分がありますよね。

けれど、いざというときに正しい文法を知らないと、恥をかいてしまうのです。
皆さんも、ふと立ち止まって、自身の日常的に使っている日本語を振り返ってみてはいかがでしょうか。

ばいぶー。

しんねんあけおめっすー

はいどうも。
新年です。
あけましておめでとうございます。

※新年明けまして~というフレーズは日本語的に誤っているので注意が必要だよね。

そんなわけで、更新が途絶した本ブログですが
相変わらず低頻度で気が向いた時に更新をしていくのですよ。
やっぱり新年を迎えてやることと言えば、昨年を振り返ることでしょうか。

昨年は、『去年は一人暮らしを始めて内定を貰って地震があって、こんなに激動の年はそうそうこないぞ』と
とんでもない勘違いをしていましたね。
今年はどうでしょうか。
学校を卒業し、受け身の姿勢である学生気分を微塵も残らない程に破壊され、耐え切れず会社を辞める。
何ともまあ情けないですね。2週間でしたか。
今の僕でも、当時の研修を受けても怒られっぱなしでしょう。
人への気配りが足りないとどれだけ怒られたか。
あの研修を、怒られずに進められる人はいないでしょうね。
『研修を"受ける"』という考えの甘さを認識させられました。
どこまで、いつまで受け身でいるのか、金も産まない新入社員が
これ以上コストを掛けるような振る舞いをするのは最悪・最低ですと。
言っていることは分かりますけどね、当時より。実感として。

あの会社で得られたことは、とても多いです。
情報共有の大切さ、時間遵守の必要性。
あの研修を受けて、得られることはもっと多かったはずです。
ですが、実際に得られたものは数少ない。
今思うと、それがとても悔しいです。
あんなに体力を摩耗しておきながら、それだけしか吸収できなかった自分は
やはり当時は"甘えていた"んだなあと思えます。

当時をどう振り返ろうが、僕が好きでないのが『当時のことを評価してくる他人』ですよ。
"その研修は尤もだ、甘えだ。"とかね。とんでもないです。
当時のことを振り返って、僕は当時の決断をYESともNOとも考えないようにしています。
一般的に、会社を2週間で辞めるなんて非常識極まりないです。
僕もステレオタイプなので、非常識だと考えています。
アルバイトでさえ"責任を持て"と囃されるでしょう。

その判断・決断を良い悪いと判断するのは尚早で、愚かで、おこがましいのだと思います。
人として終わるときに、あの判断を『良かった』『悪かった』と言いたいですね。

さて会社を辞めた後に気が付いた、僕の生活にかかるコスト。
家賃、教習所のローン、光熱費。当時はその程度だったでしょうか。
とはいえ、安くない。
最低でも10万円ほど稼いでやっと"家に住める"状態。生きていけない状態。
アルバイトでやっていこうと考えたものの、時給900円だとして112時間働いてやっと家に住める。
「最近新しい人がきてキミのシフトも少し減らさないとね」なんてことになったら
家にさえ住めなくなってしまうと考え、急遽転職活動を開始。
小説家になりたい、という夢も、結局は当時の会社を辞める為の口実に過ぎなかったんですね。
いざ会社を探すと、やはりやりたいのはネットワーク。
資格支援や勉強スペースなどを確保している会社で、雰囲気が良い小さい会社がいいなあと
重い腰をあげて面接に行くも、玉砕。

そもそも準備が足りない。最近読んだ本を書いたにも関わらず言えない。
もし高校野球の女子マネージャが・・・?みたいな。
当然準備を怠るやつを会社に入れようとは考えないのですよ。
たとえ2週間で辞めた理由が同情できるものだとしても、
心構えという準備をしていなかったのではと思われてしかるべきなのです。
リクナビの転職アドバイザーに話をしてもらうべく、リクナビのサービスを利用。
金が掛かるならやらなかったものの、無料で専門のアドバイザーに話を聞いてもらえるのであれば
ハロワよりまだ良さそうだという判断。
面接時にどう退職理由を伝えるか、経歴書の書き方をこう改めるべきなど少し肉づけをしてもらって
今の会社に就職。
2週間の転職期間を経て、無事職に就く事ができたのでした。

約1か月の間に勉強の他色々なことをしたと思います。
ネットワークって何だろう、でもCCNAを取っておけばいいんでしょ。という人の先生をしたり
出来る限り積極的に動いてみたり。
積極的に動きすぎたために、怒られたこともありましたね。
連絡体制を整備したり、研修所で行う社内メンバーのルールを考えたり。
それらを後から入ってきた方に引き継いだにも関わらず、その人たちが何も動かないで
自分で勝手に片づけて、『何故やらないのか』と勝手に怒りながら聞いたら"面倒臭い"と返され。
プリプリ怒っていると、他のまともな人から"何も言わずに任せた仕事を奪うのはルール違反だ"と言われ。
あの研修所で学ぶこともありましたね。

受け身の人が、どれだけ足を引っ張るように見えるか。
積極的に動かないことが、積極的に動く人に思った以上の悪影響を与えるか。

1か月弱居て、そんな基本的な部分だけではありますが、得たものの質はとても良かったです。

そして6/1より実際に"働く"ことに。
研修も無し、同期も無し、仕事の内容も不明瞭。
準備不足は相変わらずでしたが、準備できない部分があったのも事実です。
とてもデキる上司のもと、仕事のスケジュール感覚や、仕事のやり方、仕事の進め方。
色々なものを学んだと思います。
分からないものは、分からない理由を明確にしてから人に聞く事。
分からないところが分からない、は学生時代で十分でしょうと。
まだ仕事を始めて、SE歴6か月。
それでも、6か月前より成長しているであろうと思っています。
(そうでないと困ります)

大変なこともありました。
仕事に追われる日々というのはこういうものなのかと思うことばかり。
でも、前の会社よりはマシ。
その比較が善いことであるかは分かりませんが、僕には糧でした。
前の会社にいたときより、生活レベルは格段に下がりました。
残業時間は多かった時で月90時間ほどでした。
90時間じゃ甘いと言う人もいるかと思いますが、そういうものではないのです。
甘いか甘くないか、という観点で話をしているのではないのです。

毎月20営業日として換算すると、1日平均4時間30分の残業。
これが、果たして正常であるかと考えた時もあります。

周りの人は残業時間が40時間ほどでした。
就業規則に則る形に事実を歪めるのです。
少なくとも130時間は残業している人でも、自社への報告では40時間に調整していました。
それはきっと、日本の異常な体質の一つだと思います。
改ざんに過ぎません。
"事実は○だけど、書類上は□にしておこう。"
お金が関わるものなのに、扱いが軽すぎますね。
万引きというと言葉のイメージが軽いものの、実質的には窃盗であること。
イジメというと印象が和らぐものの、実質的には暴力・窃盗・恐喝などの犯罪行為であること。
それらと同じだと思います。
サービス残業と呼ぶことで与える印象を軽くしているものの、実際には金の搾取では。

130時間の残業で、報告を40時間としているのであれば、90時間分の差分が発生します。
その分の賃金は渡されません。
その分の工数は加算されません。
その分の人的リソースは顧みられません。
結果、40時間の残業でこの作業は成立していると報告しています。
また同じ仕事を振られた時に、40時間の残業で出来るでしょう?と言われてしまうのですよね。
自分の首を絞めることになるのが、怖いところです。

もっと怖いのは、就業時間を入力するフォームが、残業を40時間までの入力しかできないところです。
40時間を超えて入力すると、"就業規則に抵触する残業時間が入力されています。修正してください。"と言われます。
そんなことがあって良いとは思いません。
ですが、それを変える為の犠牲を払うことを僕は良しとしません。
きっと僕は、このまま働いていきます。

そんなことを考えて仕事をしていたものの、工数の削減という形で部署異動することに。
10/1より、部署を異動し、新しい業務へ。
そこでもやはり学ぶことは多かったです。
自分の判断というものの大切さ。
自分の判断で成功した時の、周りへ与える信頼感と
自分の判断で失敗した時の、自分が学ぶことのできるものの多さ。
これからもっと頑張っていかないとならないのです。

だいぶ長く書いたなあ。
こんなに書いたんだから、2か月くらい広告が出なくてもいいんじゃないか・・・!
そんなわけにはいかないのは分かっているけれど。

そんな昨年でした。
今年一年、新しく学ぶことは多いです。
それをまた、今年の終わりか来年の始めかにでも振り返ることができれば
きっと幸いで、幸甚で、重畳です。

ありがとうございました!
また今年もよろしくどーぞ!!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。